ヒーローが通っているぽい大学の学部

大きな流れは、大体決まった。

芹沢ってどんな学部に入っているんだろうかというところで、今止まっている。ヒーローっぽい学部ってどこだろう。その後の細かいエピソードにも絡んでくると思うので早々に決めたいけど、自分でも良くわからない変なところに拘りがあるので、まだ決まらない。

経済学部、建築学部、心理学部、むしろ頭の良い男定番の医学部……俺、今持っている急ぎの作業終わったら十月半ばまでに一気に残りを書くんだ……🚩

私の現代ものが、月間の表紙に居るなんて奇跡でしかないと思う(今三位っぽい)多分、もう二度とない。むしろ、なんとなく久しぶりに現代ものを書こうと思ったのが、集英社さまの公募ナツイチが現代ものしか募集してなかっただけだし。

夏っぽい現代の短編? うーん。こんなんかなあ。でなんとなく書いた。ポイントでいうと1000行ったら良いかなくらいに思ってた。読者さんの需要は、本当に読めない。

私も創作活動をするようになって、二年半だけど。こういう奇跡は、たまに起こる。

作品がウケないと悩んでる新人さんに、私が言っておきたいのはこういった奇跡が来たら絶対に掴んで欲しい。つべこべ言って悩んでいたらすぐに女神はいなくなって尻尾は消えてしまうからだ。なので、日々書ける文字数を限界まで増やし突然の奇跡に対応出来る瞬発力を高めることをお勧めしたい。

おそのは見事、奇跡の女神の尻尾は掴めるのか……!そして、ナツイチの締め切りに間に合うことが出来るのか!(週刊漫画のラストにある、わかりやすい感じの煽り文句風)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。