執筆ソフトについて

書き始めた二年前から今まで、連携が容易なこともありアルファポリスの投稿用のソフトを使ってきたんだけど、もっと自分に合う執筆ソフトはないかなとずっと思っていた。

やっと長編執筆が落ち着き、少しだけ時間が出来たので、ある程度時間を掛けていくつかのソフトを試してみたりと模索した。

あくまで私のやり方での結論なんだけど、外出先なんかでパッと思いついた時にメモるのはUlyssesで、自分の中にあるネタをガンガン出していくのはScapple、本格的な執筆に関してはScrivener3にすることにした。

全部有料ソフトだし、正直言うと便利そうだけど敷居は高いなあと思った。でも、無料期間中にWeb掲載用に作っていた作品のプロットやネタなんかを整理して冒頭辺りを書いてみたら、驚くほどやりやすかった。

私の場合は、メインストーリーとサブエピソードには書いている間に「なんか違うな」と思ったら後ろに回したりとガンガン動かしてしまいたいと思うタイプなので、Scrivener3での執筆作業はとても良い。

Scappleを使い出してから、今頭の中にある考えを全部出し切ってしまうという、爽快感を得られるようになった。全部が全部何かになる訳でもないんだけど、展開に悩んだ時にこういうちょっとしたネタを見て突破口が開けるようなものが浮かんだりもするし、とにかく使いやすく有用だなと思った。

どれもこれも、一回使ったら便利過ぎてもう戻れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。